厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校
HOME > 介護福祉士とは? > 介護福祉士の仕事

介護福祉士の仕事

介護福祉士の仕事介護福祉士は、介護が必要な方の身の回りの世話はもちろん、その方の家族の相談に乗ったりするのも仕事の一つです。
労働時間が不規則なうえ、入浴介助のような力仕事もあり、決して楽ではありませんが、その分、とてもやりがいのある仕事と言えるでしょう。

介護福祉士の重要性

介護福祉士は、これからの社会に求められる重要な人材

少子・高齢化に拍車がかかり、福祉・介護問題が深刻化する現代。今後もこの傾向が続けば、社会を支える世代があまりにも少なくなります。
需要がますます増える介護福祉士は安定した職業といえますが、同時にレベルの高さも厳しく問われてきます。つまり、単に介護技術を備えているというだけでなく、介護を受ける人に最も適したサービスをトータルに提供できる、プロフェッショナルとしての介護者が求められるようになるでしょう。

介護福祉士の仕事内容

高齢化社会が進むにつれて、介護技術のプロフェッショナルとして今後ますます求められる介護福祉士。では、介護福祉士とは、具体的にどのような仕事をするものなのでしょうか。以下に、介護福祉士の仕事内容をご紹介します。

その1 身体介助
 入浴の介助から、食事・排泄・更衣の介助、移動(歩行・車椅子移動)、移乗(立ち上がり・ベッドや車椅子への乗り移り)など、日常生活の身の回りの動作の介助を行います。

その2 生活介助
住居等の掃除や、衣服の洗濯・補修・整理、生活品の買い物、調理と配膳など、日常生活の介助を行います。 

その3 各種記録・
     ケアプラン作成

 ケアプランの作成をはじめ、病状や障害など、一人ひとりの健康状態を把握・管理します。他の介護福祉士や医療機関との連携のためにも重要です。

その4 コミュニケーション
福祉・介護の仕事はマニュアル通りにはいかないもの。毎日のコミュニケーションを通じて、お互いの信頼関係を築き、いろいろな悩みや喜びを共有します。

その5 レクリエーション
ボールを使った簡単なゲームや折り紙など、楽しんで取り組めるように工夫し、楽しみ・喜びを提供する、余暇活動を充実されるのも仕事の一つ。カラオケ・紙芝居から季節の行事まで、自分で考えたり、作ったりもします。

その6 介護相談
利用者ご自身への直接的介護だけでなく、そのご家族や地域の方々への介護相談・介護指導も介護福祉士の仕事です。




介護福祉士とは?

厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校 お問い合わせ 資料請求

PAGE TOP
厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校