厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校
HOME > 手話サークル

平成28年度 手話サークル


 【学生の感想】

<HT>
【全国手話研修センター】には、聴覚に障がいを持たれた多くの方が、障がいあるなしに関わらず仕事をされていた。
【手話は言語】と認めてもらえた今日この頃、少しでも仕事の受け入れ先が増えてくれたら嬉しいと考えました。

<S
M>
急なことなのに案内までしてもらって感謝しています。
そして、案内してもらって、お話を聞けたことで、本の一冊一冊の値段が高いこと=需要が少ないという現実を実感しました。
手話をもっと広めて、手話が英語などの外国語と同じような身近な学習材料になるように、手話サークルの一員として力になれたらなぁと思いました。

<
M・M>
ろう者の方々が活き活きと仕事が出来る場所であり、聴者の方々と共に仕事をされていることが凄く「良いな!」と感じました。そこでは今よりもっと聴覚障害者の方々の生活や聴者の方々にろう者のことを知ってもらい良くなるように日々仕事に取り組んでいるのを知り、もっと広まっていってほしいと思い、僕でも聴者の方々に伝えれることは有るのかなぁと感じました。
宿泊施設見学では視覚(時計やインターホン)、触覚(アラームや緊急時用)でわかるような設備を実際に見たり説明して戴いて、すごく勉強させていただきました。アポイント無しで行ったのですが、丁寧に対応していただいてそのことが何より嬉しく、ありがたく思いました。

AK
突然の訪問にも関わらず、とても親切に案内していただき、大変嬉しく思いました
皆さんと一緒で(卒業生にもお会いできて)楽しかったです。ありがとうございました。

AM>↓
研修センターには宿泊施設もあり、設備などがしっかりしているなと思いました。駅からも近く、研修センター限定の手話の本がたくさんありました。研修センターというのでもっと固いのかと思っていました。が、固くなく皆さん優しい方ばかりで建物内を見学させていただきました。もっと手話を知りたいと思いました。

HY

研修センターは施設の大部分が宿泊施設関連のものとなっていて、今回の見学を企画した者としては満足してもらえないだろうことに残念であった。しかし、施設のご厚意により案内・説明をしていただけることとなり、施設内を見学することが出来たことは大変よかった。午後からは嵐山の観光で先輩や皆と楽しい時間を過ごす事ができた。次回があればもう少し計画を練らなければならないが、またこのような散策ツアーを行えたらと思った。参加された皆さんお疲れ様でした、ありがとうございます。


PAGE TOP
厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校