厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校
HOME > 手話サークル

平成26年度 手話サークル

 手話サークルは今年で18年目。北大阪福祉専門学校とともに歩み活動しているサークルです。

顧問の藤森先生は、地域で通訳の活動も行っています。

         手話サークル  

 活動は部員たちが企画〜運営まで全て自分たちで行います。週に1回、昼休み集まり、手話歌を歌ったり、DVDを使って表現方法を学ぶなど、教室からはいつも笑い声が絶えません。日曜には課外活動として、スポーツ大会や文化祭、ハイキングに参加し、さまざまな方たちと触れ合いを通じて手話を勉強します。   

平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度平成21年度| 

 


 1月28日(水)  みんな巣立っていきました


年明けは、一緒に活動する時間が持てず残念でしたが、

1月28日(水)1年生が企画して2年生と食事会を開きました。

              手話サークル  


近所のお店をお借りして、美味しいお料理に舌鼓を打ちながらこれまでの授業や先生方との思い出を語りながら、またこれからの仕事や介護観についても語り合いながら有意義な時間を過ごしました。

最後には一年生からのプレゼントを受け取り、皆さん素敵な笑顔を見せてくれました。
 

手話サークル   手話サークル


身体に気をつけて、少しでも長くお仕事を続けていってくださいね。

 


 12月9日(火)  年内最終活動日


いよいよ年内最終日のサークル活動の日を迎えました。本来ならあと2回ほどあるのですが、
時間割の変更等で今日になってしまいました。

 今日は、担当のグループが事前に「かさじぞう」のDVD(NPO法人 レッド・ベレーズ作)を
視聴し、その中に出てくる単語でくじを作り、それを引いた人が手話や指文字、身振りで表す
というものでした。
  

手話サークル     手話サークル

表すほうも必死なら、答えるほうも真剣。さっと挙手をして答えても、その時代にはないもので
みんな大笑い。前回の「かちかちやま」を参考に表す人や、指文字よりも手話で表現することを

手話サークル  手話サークル  手話サークル

     

懸命に行う人などさまざまでした。少しは覚えて活用できているところがうれしいですね。  

うれしいと言えばもう一つ、サプライズをしてもらいました。
今日で年内最後、年明けは一年生と二年生の時間割が合わず、一緒に活動することができないと
いうことで・・・二年生から顧問に御礼にとプリザーブドフラワーと個々人からのメッセージを
いただきました。

手話サークル   手話サークル

 突然のことだったので驚きを隠せませんでしたが、うれしい反面、時の経つのがあまりにも早く
寂しい気持ちになりました。しかし、確実に二年前よりも皆それぞれに成長して自信を持って手
話や聴覚障害者とのかかわりができるようになっていて頼もしい限りです。

手話サークル

学生の中で卒業後、地域や就職先で少しでも手話に関わる人がいてくれるととてもうれしいです。
残りの学生生活も有意義な時間を過ごしていきましようね。

  

       手話サークル

 

その後談・・・
さっそく玄関に飾ってみました!

     手話サークル

  


 11月16日(日)  ハイキング


 NPO法人レッドベレーズ(以下、RB)の11月例会ハイキングに学生と一緒にお邪魔しました。
京都へ行くのも紅葉をじっくり時間をかけて愛でるのも、もちろんハイキングをするのも本当に久しぶりで前日からワクワクして、遠足前の子どものようでした(笑)

 RBさんは「聴覚障害者と聴者のふれあいの場」としてイベントや勉強会などさまざまな活動をされてい
ます。(詳しくは、NPO法人レッドベレーズHP http://www.red-berets.com/ へ)          

            手話  

 当日の朝は少し寒かったのですが、京都駅〜栂ノ尾(高山寺)までバスで移動し、実際に歩き出してからはお天気もよくとても気持ちのいい一日でした。その後は、徒歩ルートで神護寺〜嵐山へ抜け、途中卵の美味しいお店に立ち寄りプリンや卵かけごはんをいただいて家路につきました。

   手話      手話

  初めての参加でしたが、RBの会員さんは楽しくてたくさんの方々からやさしくお声掛けいただいてまた、慣れない私たちが入りやすいように、自己紹介の時間や休憩の合間を使って介護に関するお話をする時間などをとっていただけたことで、介護に関する質問などもいただくことができました。 有意義な時間を過ごさせていただき、日頃味わうことができない、森林の空気や鮮やかな木々の紅葉を堪能しました。
  学生たちは、聞こえない・聞こえにくい方とのハイキングが初めての経験で、伝え方の工夫や道中の車やバイクとの離合時の配慮等を改めて気づくことができたようです。

                  手話 

  〈N・Rさん〉
 京都にハイキングに行くのは初めてだったのですが、とても楽しい一日でした。栂ノ尾にバスで到着した後は、ひたすら山道を歩き続けました。あまりアップダウンのない平坦な道だと事前には聞いていたのですが、実際には結構な山道が続いていたように思います。山道に慣れている自分は大丈夫でしたが、日頃の運動不足のせいか、足が悲鳴をあげている方も見受けられました。

 そんな山道の中でもこの季節の赤く染まった色とりどりの葉は綺麗で、とりわけ神護寺の木々の様子は美しく、疲れが吹き飛びました。さらに、道中では聴覚に障害がある、ないに関わらず、色々な方々とコミュニケーションを図ることができました。真っ暗なトンネル内でろうの方が感じる恐怖の話などには、ハッとさせられる思いがありました。友人の赤ん坊を抱きながら山道をしばらく歩くことなどもあり、日頃体験するのが難しい貴重な体験を多くすることができました

                手話

 嵐山に着く少し前に食べたこだわり卵のプリンは、卵の濃い味がとても美味しくて印象に残っています。今日は充実した一日を過ごすことができました。またこのような機会があれば、是非参加したく思います

  〈Y・Sさん〉
   ろうの方々とコミュニケーションを図ることが出来、とても充実した時間を過ごせました。秋の京都は紅葉が美しく、「きれいだね」と手話で会話したり、アップダウンの山路を越えた後は「疲れたね」とねぎらい合いあったりして、初対面というのが嘘のように仲良くなれた気がしました。一方で、時々背後から来ている車やバイクにろうの方が気づけず、危険な場面がありました。その度に相手が聞こえているだろうという健常者の先入観は危険だと感じました。最初はドキドキしましたが、ハイキングに参加して色んなことに気づけて本当に良かったなあと思いました。

     手話   手話

  〈O・Mさん〉
 ハイキングに参加させていただきありがとうございました。普段、運動をしていないのもあってか、楽なコースと聴いていましたがかなりきつかったです。ですが、親子で参加させていただき、息子と自然に触れることができ、息子もとても喜んでいたので参加できてよかったです。ありがとうございました。

                 手話
  〈K・Mさん〉
 久しぶりに山道をたくさん歩いて、気持ちよかったです。長いトンネルも歩き、ワクワクしました。
 いつも参加されている方に「ガイドヘルパーを利用したいけど、手話の出来る人が少ない。今回、健聴者の若い方にたくさん参加してもらえて、とても嬉しい。これからも、よろしくね。」と言われました。
 私も楽しみながら、お役に立てるならいいなぁと、思いました。手話を覚えきれない不安はありますが、足を鍛えて、また、参加したいと思います。
 最後になりましたが、主催者の方々が下見して企画して下さったお陰で、歩く、見る、食べる、話す、等、盛り沢山に楽しめました。ありがとうございました。

 〈H・Mさん〉
 20年ぶりくらいの秋の京都でした。紅葉がとてもきれいで感動しました・・・が、午後からの道のりは辛かったです。日頃の運動不足を痛感させられました。救いだったのは、美味しい卵を食べられたことです。ハイキング・・・なめてました(笑)

               手話

 〈I・Mさん〉
 初めて参加させていただきましたが、みなさん気さくに話しかけてくださり楽しく過ごすことができました。気候もよく、紅葉もきれいで行った甲斐がありました。翌日筋肉痛がひどく日頃の運動不足を後悔しておりますが、また機会があれば参加させていただきたいと思います。


  

11月13日(木) 13:00〜13:30 【例会】


 いよいよ、一年生の担当の日が来ました!みんな何度もDVDを確認しながら覚えて練習を重ねました
 一部教員に修正をされつつも直ぐに改善され、本番に挑みました。

 今回は、2つの場面をナレーションとぴょんきち、ぽんすけに別れて劇のように表してみました。

      手話             しゅわ

              手話  

  

 意外にも難しかったようで残念ながら当てることのできなかった2年生も居ましたが、表現は大成功!2年生からも驚きの声と拍手が起こりました。「私たちが一年生の時にはこんなにも表せなかったと思う…」との感想も出るくらいでした。

 ※2年生は正解と思う数字を手話で表しています。 し=7 く=9

    テキスト ボックス:

 

 

 

 

 

 

  初めての体験をした1年生からは「楽しかった」との声もあがっていました。

  これからも期待しちゃいますね♪


 11月6日(木)  13:00〜13:30 【例会】


 『かちかち山』3回目のグループは、表現後、各班に正解の文章が何番かを確認しつつ、わかった単語を確認する形で行いました。

         手話サークル


 一生懸命表現する姿に途中、笑いが起こったり、あまりの緊張に〔怒る(激怒)〕の手話の表現をしながら顔だけ笑っているといったチグハグな様子に優しくツッコミが入ったりと終始和やかな時間が過ぎました。

    手話サークル   手話サークル   手話サークル

 

 それぞれの部員が、自分なりの見方をして学ぶことができ、会話の表現と物語の表現の違いも深めることができているようです。

                  手話サークル

  いよいよ、来週は1年生5人での担当です。楽しみ、楽しみ…

 


10月30日(木)13:00〜1330 【例会】


 今日も『かちかちやま』のDVDを基に手話表現をしました。担当したのは2班さん。

                 手話サークル

 事前に練習をし、前回の方法を引き継ぐ形ではじまりました。今日は少し恥ずかしかったのか、表情を
こわばらせながらの表現でしたが、周囲から応援されつつしっかりやりきりました。見ていた他のグルー
プからは悩みつつも正解がポンポン飛び出していました。

      手話サークル    手話サークル    手話サークル

 また今回は、表現の中で出てきた単語を各グループから出してもらい、担当が表現したものと確認するということも行いました。
                       手話サークル

 見ている側は余裕もあり、笑顔が絶えない時間でした。2班さんお疲れ様でした。

 次回は3班さん、一週間での準備は大変でしょうが、楽しみにしています。

   


 平成26年10月23日(木)  13:00〜13:30 【例会】


  今日は後期に入ってから4回目の活動日。ろう者の表す絵本『かちかちやま』のDVDを参考に
担当グループがクイズ形式で物語を表現し、それがどの内容なのかを当てていく方法で行いました。

                介護福祉士

 事前に全員でDVD鑑賞をしてからの今回でしたが、担当の3人は放課後に残って繰り返し
DVDを確認しながら一生懸命覚え、自宅でも練習を繰り返していました。

          

            介護福祉士       介護福祉士

 ボクシング?                    

いえいえ木の陰に隠れてます(笑)       

 

 今日はその練習の成果がしっかりと出しきれて、表情豊かにみんなに伝わり、各グループ全問正解でした。

    介護福祉士        介護福祉士

 各担当からは物語の中の単語を2ずつピックアップし、みんなで表しましたが、それ以外の質問も飛びだすほどでした。

    介護福祉士        介護福祉士

                                         背中にからしを塗られて

                                           「痛〜たたたっ〜」

 

      介護福祉士       介護福祉士

          「ねぇねぇ、たぬきくん…」

 次回は、2班の担当です。どんな風に物語を発表してくれるのか楽しみです。
         ※ 今回参考にしたDVD・・・NPO法人レッド・ベレーズ ビデオクラブ制作の「かちかち山」


 10月26日(日)  10:00〜15:00  【 第42回全大阪ろうあ者文化祭 】


 

 今年も例年通り、長居障害者スポーツセンターで行われ、サークル学生4名とサークル外の学生3名とその子どもさん、学生のお友達の総勢10名で行ってきました。

          手話サークル

 大阪府内のろう者、サークル、関係団体がそれぞれのブースを担当したり、一般参加で久しぶりに会う友人・知人と近況を報告しあったり、情報交換したりとあちらこちらでたくさんの手話の華が咲いている様子に初めて参加する学生は圧倒され、また、去年参加した2年生はみんなにいろんなことを教えてくれて和やかな雰囲気でした。

 今年は式典での通訳の様子を学ぼうと早い時間から集合して会場に向かいました。

  

式典では特に今年は、手話言語法に関して意見書を採択させる動きも活発になっており、その報告もされており、大阪府内で未採択の市町村は、あと千早赤阪村と河内長野市の2つの自治体だそうです。

     手話サークル  手話サークル

  また、北摂地域での情報提供施設建設に当たってのブースもあり建設ニュースにはまだ載っていない情報も聞けるなどしました。

 12:00を回るとさすがにお腹も空いてきて各サークル・団体の食べ物ブースへ。美味しい焼きそばやうどん、ぜんざいなど様々にあり、それぞれが舌鼓を打っていました。

 午後からは、聴導犬・介助犬の紹介とデモンストレーションや、ろう者の活用している日常生活用具を取り扱う会社の展示ブースでは、実際の振動やランプによる音の伝達方法を体験できました。

                   手話サークル


 ろう者の集まるところへ出掛けていくと 普段見ない手話を見れたり、ろう者への通(※)訳方法の違いを知れた りと、とても勉強になります。
 今年参加した人はもちろん、都合で参加できなかった人は、来年ぜひ参加してみてください。きっと何かが 変わるかもしれませんよ。

※通訳方法の違い→@式典時の舞台上での通訳  A式典時の舞台上での通訳と 舞台上の主催・来賓向けの舞台下との対面通訳B盲ろう者 への触手話C盲ろう者への指点字通訳など

 


 6月8日(日)  10:00〜15:30 【 大阪市西区民センターにて 】


     介護福祉士

 昨年から始まった、 『みんなよっといで大阪市手話まつり』に学生5人と 一緒にに参加してきました。

 大阪市内で手話を学んでいる人からサークルで手話通訳活動をしている人と、大阪市内在住の聴覚障害者が楽しみながら交流するイベントでした。

 参加した学生は4月の行事に一緒に参加した聴覚障害者や実習でお世話になった方々と楽しく手話を教えてもらったり、他の地域の方に手話で話しかけられて上手く意味をつかめず困ってしまい近くの方に通訳をしてもらったり(自然に隣の方が通訳をしてくださったり)しながら、ゲームに参加していました。

 途中、新しい手話がどのようにできていくのかをゲームを通して知るなど大変貴重な時間を過ごしました。

 手話の習得レベルにあわせて、「身ぶりで伝言ゲーム」「5人でピッタンコ!(手の形から想像する手話を合わせる)」「みんなで新しい手話を作ろう!」「借り物競争」「新聞紙飛行機飛ばし」「人間輪投げ」の各ゲームがありました。

 次は「ろうあ者スポーツ大会で会いましょう!」と言いながら別れました。

 ⇒学生の感想


 5月18日 「よもぎ摘み大会&ボランティア交流会」の感想


 晴天に恵まれ、とても気持ちのいい一日でした。
 午前中は、なかま(25才位の男性)と一緒に、よもぎを摘みました。のんびり、ご本人のペースに合わせて摘むことができて楽しかったです。
 午後は、皆で摘んできたよもぎを洗い、なかまと一緒に10本位ずつひもで束ねる作業をしました。なかまがどうしても出来ないところだけを支援し、作業後、のびをし、笑い合えてよかったです。ボランティア交流会では、ジャンケンに負け、グループワークの発表担当になって、ドキドキしましたが、他のボランティアの方とお話しができ、勉強になりました。
 一日が短く感じ、有意義な一日でした。
                                                       2年生 M.K

厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校 お問い合わせ 資料請求

PAGE TOP
厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校