厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校
HOME > 手話サークル

平成28年度 手話サークル


 いよいよ手話サークルも20年目を迎えました。今年度の活動テーマはズバリ!《楽しむ!!》
 手話の「楽しい」の表現は、「うれしい」「喜ぶ(喜び)」と同じ表現。つまり、ひとりひとりが楽しみながら、部員みんなで手話力を高めて行くことで自分たちはもちろん、ろう者の皆さんにも喜んでいただけるように活動をすすめていこうと2年生部員を中心に意気込んでいます。            

  

 活動は部員たちが企画〜運営まで全て自分たちで行います。週に1回、昼休み集まり、手話歌を歌ったり、DVDを使って表現方法を学ぶなど、教室からはいつも笑い声が絶えません。日曜には課外活動として、スポーツ大会や文化祭、ハイキングに参加し、さまざまな方たちと触れ合いを通じて手話を勉強します。   

平成27年度平成26年度平成25年度平成24年度平成23年度平成22年度平成21年度| 


  平成29年3月24日(金)全国手話研修センターへ
           行ってきました!


 今年度最後の手話サークル行事。かねてより、授業やサークル活動のなかで度々耳にしていた【全国手話研修センター】へ行って来ました。
       
    ※アイラブユーをする狸

 聴覚障がい者や手話に関わる人なら一度は聞いたことがあると思いますが、ここは手話の研究(新しい手話や古典手話の保存)、手話通訳者・士の研修、手話関係書籍やテキストの作成、手話検定を担当しているところです。また、実際に書籍の販売も行っているということで楽しみに向かいました。

 当日は、お天気もよく観光地(京都・嵯峨野)ということもあって朝からすごい人出でした。JR嵯峨嵐山駅を出るとすぐ目の前に「コミュニティ嵯峨野 」があり、
その中に【全国手話研修センター】が入っています。
   

              
 以前は、聴覚障がい者に配慮した宿泊や研修室を備えた「コミュニティ嵯峨野( ホテルビナリオ嵯峨嵐山 )」の運営も行っていたそうですが、現在は業務委託としているそうです。
全国的にも世界的にも聴覚障がい者に対応し、研修設備を兼ね備えた宿泊施設はおそらくココだけではないか…と、説明をしてくださったKさんはおっしゃっていました。

 「全国手話研修センター」は、たくさんの業務を担っていますがそこでは22名の職員さんが働いておられます。突然の見学依頼にもかかわらず、快くお引き受けいただき事務所の皆さんも手を止めてあいさつや話を聴かせていただけました。皆様本当にありがとうございました。

学生の感想はこちら・・・


平成29311日(土)第19回卒業式が執り行われました


卒業式。今年は、今日は、15名が無事に巣立っていきました。

 式典も滞りなく進み、最後に手話サークルの1年生から卒業生に贈るうた…♪?〈ありがとう(いきものがかり)〉を披露しました。実習の前後に集まって一生懸命練習した甲斐あって、一番いい仕上がりになりました。
          

卒業生はもちろん来賓の方々、先生方にも気持ちが届き感動に包まれました。また、途中には卒業生も一緒に手を動かしてくれたり手話で拍手をしてくれたり…その様子に涙腺が緩みっぱなしでした。

       

 卒業生の皆さん、本当におめでとうございます。これからは、それぞれの場所で
かせてくださいね。


122日(金) 粉もん交流会


 1年生と2年生が一緒に活動できる日がだんだんと少なくなってきました。そこで、ワールドカフェ以来何か楽しめる企画を考えたいと話し合った結果、みんなでお好み焼きと焼きそばをつくろう!ということになりました。

    

 当日は、飲食経験をもつ2年生の手ほどきを受けながら、お好み焼きをする上でおいしいキャベツの切り方から学び、それぞれがそれぞれの持ち場に分かれて調理開始。誰から指示を受けるでもなくそれぞれがそれぞれのできることを自然に行い、また、普段は包丁を持たない学生も初めて見るイカの処理を自分でもやってみたいと積極的に行っていました。

       
  いつしか料理教室のようになって、手話をするのも忘れてしまうほどでしたがワイワイがやがやおいしい焼きそばとお好み焼きに舌鼓を打ちながら、学年の垣根を越えてとてもいい交流会になりました。ぜひ、おいしいフワフワのお好み焼きを家庭でも作ってみたいと思います。皆さんお疲れ様でした。
     

学生の感想はこちら・・・


平成28722(金) ワールドカフェへようこそ!
わーるどかふぇへ ようこそ!



  前期の試験日程がすべて終わったその日、サークルの茶話会が催されました。2年生の企画で前半は学校近くのお店にお願いして調達してきたお弁当で食事会。後半は初の試みで「ワールドカフェ」方式で会を進めました。
     
 
ワールドカフェ…学生にとっては馴染みの薄いもので、運営する側・参加する側共に初めはぎこちなかった雰囲気も、時間が進むにつれて普段はなかなかゆっくり話しをする機会のなかった人とも気兼ねなく会話が弾み、また模造紙にイラストを描いたり、思いを書くことで新たな気づきも得たようです。
     
 これらの出てきたアイディアや意見を基にして、後期からのサークルが動き出します。まずは、
@サークルTシャツの作成 
A
OB&OG並びに聴覚障がい者の方々との交流会企画
について進み始めました。

学生の感想はこちら…♪


 5月30日(月) アンケート調査、5月度定例会議



アンケート調査
 1年生15名、2年生10名を対象に初めてアンケート調査を行いました。
 学校の情報収集をし、「入学前から入部を決めていた」人が4人も居てくれました。
 また、多くは、「手話ができるようになり」「聴覚障がい者の方々と話ができるようになり」「介護の仕事にも活用できれば・・・」との回答でしたが、中には「ボランティアとして通訳活動をしたい」や「手話通訳士を目指したい」との回答もありました。
 障害者差別解消法が施行され合理的配慮が求められるようになった今、身近なところから活躍する人が増えればいいなと感じました。


 5月度定例会議
 今年度第3回目の定例会議は、偶然遊びに来てくれていたOBで初代部長と各班の代表、1年生有志も出席しての開催となりました。
 今回は、一か月間のお試し期間を経験し入部した1年生の感想と運営側の2年生の気づきなどから今後の進め方などを話し合いました。
 積極的な人が多く、聴覚障がい者の方々とのかかわりや実用的な手話を学びたいとのことから、今回新たに【企画・運営(行事担当係)】を作ることとなり、早速立候補者がありました。




 5月17日(火) いよいよ本格始動!  



今日から今年度の新入部員が本格的に始動しました。
今年はなんと、新入部員15名。2年生と合わせると25人の大所帯となりました!
 手話に興味を持ってくれるのはとても嬉しいことですが、各担当グループで活動時間内をまとめることの楽しさ・難しさなども運営しながら学んでほしいです。
 今後、どんなサークルになって行くのか楽しみ〜(^○^)/




 4月26日(火) サークル見学会 



         
 今日は、サークル見学会4回目。手話歌が続いていたので、今日は指文字を使ってゲームをすることになりました。テーマを決めて、1つの単語を複数人で1つずつの指文字を表し、他の人に読み取ってもらう。またそれを手話に替える。というものでした。

  

 1年生もスムーズに指文字を表し、読み取れている人も居る一方で、2年生が手話で表現するはずが・・・お題が難しくなかなか表現できないものや、そもそも手話での表現がないものなど、短い時間でしたが和気あいあいと楽しい時間を過ごしました。

  

 後半には今後の活動予定が発表され、新入サークル員が15名となることを聞き一堂から驚きの声が響きました。2年生と合わせて25名の大所帯となったサークル。

これからの活動が楽しみです。



 4月5日(火) サークルPR 


今年度第1回目のサークル活動の前に、1年生ひとりひとりにサークル案内ビラを配布し、「見学、体験来てね〜」と呼びかけました。どのくらい来てもらえるのか、ドキドキしながら待っていると続々と新一年生が集まってくださり、あっという間に2年生よりも多い人数が集まりました。

 初めは楽しく手話にとりかかってもらえるようにと『この手でうたおう』『にんげんっていいな』をみんなで表現。新1年生は手話が始めての人ばかりなのに、見よう見まねながらとてもスムーズに表現できていました。
 



 4月4日(月) 第1回 定例会議 



2年生部員全員が集まり昨年までの内容に加えて、実践的に手話を活用したいとの思いから更に日常会話ができるように、実習などでも活用できるような手話歌のレパートリーを増やしたい、実力を試すためにも検定を受けたいなどの声が上がりました。今後もサークル員の意向を確認しながら楽しく進めていきたいと思います。

厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校 お問い合わせ 資料請求

PAGE TOP
厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校