厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校

授業内容

人間関係とコミュニケーション

授業形態:講義(30時間)
人間の理解やコミュニケーション能力を学ぶ授業です。

人間の尊厳と自立

授業形態:講義(30時間)
人間としての生活を理解することを目的とする授業です。

社会の理解

授業形態:講義(60時間)
人間の生活と社会の関わりや自助から公助への過程を理解する授業です。

家政学概論

授業形態:講義(30時間)
介護をする際に必要とされる衣食住の知識と技術を身につける授業です。

生活学概論

授業形態:講義(30時間)
家族・福祉、消費生活などに関する基本的な知識と技術を学ぶ授業です。

現代社会

授業形態:講義(30時間)
社会を見つめる感性や現代を生きる人間としての行き方について学ぶ授業です。

法学概論

授業形態:講義(30時間)
法治国家である日本社会を生き抜くリーガルマインドを身につける授業です。

介護の基本

授業形態:講義(180時間)
介護の考え方を理解するとともに、要介護者を生活の観点から捉える学習をします。

コミュニケーション技術・手話

授業形態:演習(90時間)
コミュニケーションを理解し、その能力を身につける授業です。

生活支援技術

授業形態:演習(300時間)
介護技術を用いて、安全に援助できる技術や知識について習得する授業です。

介護過程

授業形態:講義・演習(150時間)
介護計画を立案し、適切な介護サービスを提供する能力を養う授業です。

介護総合演習

授業形態:演習(120時間)
実習のための知識や技術、介護過程の展開について、総合的に学習する授業です。

介護実習

授業形態:演習(464時間)
学校で学んだ知識や技術を、実際の介護の職場でより実践的に習得していきます。

こころとからだのしくみ

授業形態:講義(120時間)
人体の構造や機能及び介護サービスの安全への留意点や配慮について学ぶ授業です。

認知症の理解

授業形態:講義(60時間)
認知症や認知症の人について理解し、その周囲の人への配慮などを学ぶ授業です。

発達と老化の理解

授業形態:講義(60時間)
老化に関する心理や身体機能の変化の特徴に関する基本的知識を習得する授業です。

障害の理解

授業形態:講義(60時間)
障害や障害のある人について理解し、その周囲の人への配慮などを学ぶ授業です。

レクリエーション理論及び演習

授業形態:講義・演習(60時間)
レクリエーション活動の社会的意義、指導者の能力まで総合的に学習する授業です。

情報処理

授業形態:講義・演習(30時間)
コンピューターの基礎知識から、基本操作まで実習を通して身につける授業です。

国家試験対策

授業形態:講義(60時間)
問題演習を繰り返すことで、介護福祉士の国家試験に対応する力を身につける授業です。

介護福祉学科

厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校 お問い合わせ 資料請求

PAGE TOP
厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校