厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校

メッセージ9

北大阪福祉専門学校の在校生 藤原友紀さんからのメッセージをご紹介します。

卒業生・在校生からのメッセージ(奥村美優さん)

藤原友紀さん

社会人入学
北大阪福祉専門学校 介護福祉学科 2012年入学

介護福祉士を取得して通所介護施設を開きたい

 夫が開く整骨院で受付などを手伝いつつ、1歳になった子供の育児、そして介護の勉強と、忙しい日々を送っている藤原さん。「整骨院で高齢者と接するなか、転倒予防、筋力維持などを図る介護予防の観点から、将来、通所介護を開いて社会貢献したいと考えるようになりました。」と話す。
 来年度の入学生までは養成校を修了すれば国家試験なしで介護福祉士の国家資格を得ることができる。「学費は比較的リーズナブルで自宅から近く、就職率も100%と高い。忙しいけれど今のうちに学んでおこうと決めました。」

 豊富な実習で高い就職率

 授業では、心理学・医学などの講義のほか、車椅子介助などの介護技術を修得する。介護施設での介護実習も2年間で6回ある。藤原さんは6月に1回目の介護実習を体験。「利用者の生活習慣を理解しながらサポートする大切さを実感しました。」
社会人学生が多い同校では学生の年齢も10代から上は50代までバラエティーに富む。「介護の仕事は、日常生活のサポートだけでなく、高齢者との触れ合い、その人生に向き合うことも多い。豊富な社会経験はいろんな場面で役立つだろうと思っています。」

(平成24年9月7日(金) 読売新聞掲載)


卒業生・在校生からのメッセージ

厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校 お問い合わせ 資料請求

PAGE TOP
厚生労働省指定の介護福祉士養成校 北大阪福祉専門学校